ページ上部に戻る

MENU

外構エクステリアで受賞多数。小牧、江南の堀央創建サンパティオ > 危険!ブロック堀診断

危険!ブロック堀診断

古くて危険なブロック塀診断します

ブロック塀

近所や通学路にある古い危険なブロック塀。
今は何もなくても大きな地震などで倒壊の恐れがある場合は非常に危険です。
2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震でも古いブロック塀が倒れ下敷きになり実際に死者も出ています。
特に学校の通学路にある場合は小さな子供達が被害に合う可能性もあります。
また古い危険なブロック塀の放置で被害者が出た場合は、その所有者の責任が問われます。
そんな古い危険なブロック塀がありましたら公益社団法人日本エクステリア建設業協会認定「ブロック塀診断士」の資格を持つブロック塀の専門家にお問い合わせ下さい。
実際に現地に出向きその塀が安全か危険かを診断致します。

<主なチェック項目>

・塀内部の鉄筋の有無
・塀の傾き、ぐらつき
・ひび割れの程度
・経過年数
お気軽にご相談下さい。
※参考出張診断料金 ¥15,000(税別)より
(塀の高さ、長さによります。協会規約)

◎在籍ブロック塀診断士3名

  • 在籍ブロック塀診断士3名

◎意外と身近にある危険なブロック塀

傾きかけた塀、上部の笠置ブロックが落ちそうな塀など意外と身近に危険と思われる塀はあります。
以下のブロック塀はその危険が高い塀ですのでぜひ参考にして下さい。

ブロック塀

◎実際の施工例

(施工例1)

  • 実際の施行例
  • 古いブロック塀(40 年以上経過)
    施工前
  • 実際の施行例
  • 施工後のフェンスブロック塀
  • 実際の施行例
  • 古いブロック塀
  • 実際の施行例
  • 施工後のフェンス、ブロック塀
    これで安全な塀です

(施工例2)

  • 実際の施行例
  • 古いブロック塀(40 年以上経過)
  • 実際の施行例
  • 上段に透かしブロックが連続であるため危険
  • 実際の施行例
  • 古いブロック塀解体作業中
  • 実際の施行例
  • 解体中
  • 実際の施行例
  • 中から錆びて腐食した鉄筋が出てきました
  • 実際の施行例
  • 施工後のフェンス、ブロック塀
  • 実際の施行例
  • 施工後、安全な塀になり見た目も良くなりました

4/19 ブロック塀診断士講習会

LIXILガーデンキャンペーンページへ