ページ上部に戻る

MENU

スタッフブログ一覧に戻る

クローズスタイル外構

クローズスタイル外構

小牧市 百年住宅の外構事例です。

門扉や塀、生垣などで敷地をすべて囲ったスタイルです。

既設の生垣を残して、門とガレージをオリジナルで造りました。

木目調の機能門柱と門扉を独立した仕様にしました。ガレージの柱と機能門柱の間は75角の柱を建てて開放的な空間としました。

クローズスタイルですが、電気、ガス、水道メーターを外側1ヶ所に集めて内側に入ることなく検診できるようにしました。

アプローチと通路はピンク系の樹脂舗装をアクセントにし、お客様を玄関まで導いてくれるようにしました。

ガレージの前はステンレス製パイプシャッターを取り付けて開放感と安全性を確保しました。車の中から開閉操作ができる電動リモコンでとても便利です。しっかりと障害物センサーも付いています。

道路が傾斜があるので、シャッターが水平に降りるように職人さんが手間をかけて仕上しています。

日中ガレージの中が暗くならないように明かり取りを3列入れてあります。重厚感がある建物に合った門まわり、ガレージになりました。