ページ上部に戻る

MENU

施工事例集一覧に戻る

寺院の再生 現代だからこそ見直される地域コミュニティー。その大切さ。   伝統とモダンの融合                                                     <一宮市 大日寺>

寺院の再生 現代だからこそ見直される地域コミュニティー。その大切さ。  伝統とモダンの融合        <一宮市 大日寺>

低木、中木、高木をバランスよく配置した季節感溢れる寺院のご提案です。

 

裏口から本堂へと向かう途中に設けられた待屋です。一休みしていただきお庭を眺め

寺院の静寂を感じていただきます。

 

宮大工にて造作した待屋です。壁は伝統技法土壁仕上げです。経年劣化とともに

味わい深くなります。

 

 

待屋から本堂を見渡しますと、くりぬき窓からモミジが眺められるようなっております。

四季折々見ごたえあります。

 

 

ツルをはわせた小窓からは枯山水が眺められます。

 

 

待屋から落ち着いて寺庭を眺められるようになっております。

 

 

 

雄大な自然の海を模した枯山水です。奥には島を見立てた苔の築山があり

寺院のとしての神秘的空間を構成しております。

 

 

 

枯山水の白砂利が心を清めます。

 

 

 

 

 

 

本堂へと続く行延段

斜めに張り出した大モミジです。季節を彩ります。

 

 

閑静な住宅街に突如現れた森のような空間です。

 

 

 

 

 

 

手前の島に見立てた築山には低木、中木、高木などを程よく配置してあります。

その先には海に見立てた枯山水が続きます。

 

 

 

 

築山には砂苔、ハイ苔、杉苔など混合して苔を敷き詰めております。

 

 

門をくぐれば静寂な非日常空間へといざないます。

 

 

 

 

 

<before>